@ 
自律神経失調症 パニック障害 うつ病を
自分で改善する方法

詳細は⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=169480&iid=40547


A
うつ病を自分で改善する方法

詳細は⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=169480&iid=28859


B
パニック障害を自分で改善する方法

詳細は⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=169480&iid=35474












心療内科 精神科 病院

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
よく町の開業医(クリニック)で、「心療内科」という標榜がなされていても、実際は精神科である、ということがあります。なぜそうなるのかというと、「精神科」とすると敷居が高く、患者さんが来にくいからということのようです。
これはしかし、混乱の基にもなっています。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
「心療内科」という標榜はもともと心身医学から出てきた言葉ですから、それを「軽症の精神科」と勝手に解釈して使うべきではありません。
もし、「精神科」という名前がよくないならば、より親しみやすい名前に変えるのが適切でしょう。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
「心療内科」は精神医学とは違うところから出てきていますので、その名前を使って精神科の医療を行なうのは問題があります。「耳鼻科」と標榜しながら眼科医が診療するのと同じになってしまいます。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
心療内科は「ミニ精神科」「軽症の精神科」とは違うということをよく覚えておいて下さい。
精神科の専門医であっても心療内科をほとんど知らない、研修も受けたことがないという医師は沢山います。
逆に、心療内科の専門医であっても精神科の研修を受けていない医師も多くあります。一人でいくつもの専門家にはなれないので、そのこと自体は全く問題ないのですが、標榜は自分が研修を受けた専門の科にすべきでしょう。
その上で、両者の連携も非常に重要です。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
では、受診する側からはどう見分ければよいのでしょうか。
標榜が「内科・心療内科・…」となっていれば、本来の心療内科医か、内科医で心療内科を学んだ医師が担当すると考えられます。「神経科・心療内科・…」などとなっている場合はまず精神科医が担当と考えられます。
ですから、身体の症状がメインならば前者を受診すればよいし、心の症状がメインならば後者を受診すればよいということになります。

posted by 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド at 02:43 | 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。