@ 
自律神経失調症 パニック障害 うつ病を
自分で改善する方法

詳細は⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=169480&iid=40547


A
うつ病を自分で改善する方法

詳細は⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=169480&iid=28859


B
パニック障害を自分で改善する方法

詳細は⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=169480&iid=35474












心療内科 精神科 病院

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
よく町の開業医(クリニック)で、「心療内科」という標榜がなされていても、実際は精神科である、ということがあります。なぜそうなるのかというと、「精神科」とすると敷居が高く、患者さんが来にくいからということのようです。
これはしかし、混乱の基にもなっています。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
「心療内科」という標榜はもともと心身医学から出てきた言葉ですから、それを「軽症の精神科」と勝手に解釈して使うべきではありません。
もし、「精神科」という名前がよくないならば、より親しみやすい名前に変えるのが適切でしょう。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
「心療内科」は精神医学とは違うところから出てきていますので、その名前を使って精神科の医療を行なうのは問題があります。「耳鼻科」と標榜しながら眼科医が診療するのと同じになってしまいます。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
心療内科は「ミニ精神科」「軽症の精神科」とは違うということをよく覚えておいて下さい。
精神科の専門医であっても心療内科をほとんど知らない、研修も受けたことがないという医師は沢山います。
逆に、心療内科の専門医であっても精神科の研修を受けていない医師も多くあります。一人でいくつもの専門家にはなれないので、そのこと自体は全く問題ないのですが、標榜は自分が研修を受けた専門の科にすべきでしょう。
その上で、両者の連携も非常に重要です。

心療内科 精神科 メンタルクリニック 自律神経失調症 パニック障害 うつ病
では、受診する側からはどう見分ければよいのでしょうか。
標榜が「内科・心療内科・…」となっていれば、本来の心療内科医か、内科医で心療内科を学んだ医師が担当すると考えられます。「神経科・心療内科・…」などとなっている場合はまず精神科医が担当と考えられます。
ですから、身体の症状がメインならば前者を受診すればよいし、心の症状がメインならば後者を受診すればよいということになります。

posted by 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド at 02:43 | 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


心療内科 精神科

心療内科 精神科 心療内科は、ストレスが原因でおきてくる体の病気を扱い、改善するところです。
そのため、症状を無くすばかりでなく、心とからだの両面からサポートする治療が必要になり、ストレスに対して適切に対応できるようになることが最終目標だと考えます。

心療内科 精神科 心療内科の担当する病気には以下のものがあります。
心療内科 精神科 呼吸器系(気管支喘息、過換気症候群) 
心療内科 精神科 消化器系(過敏性腸症候群、消化性潰瘍)
心療内科 精神科 代謝系(糖尿,、摂取障害)
心療内科 精神科 神経系(斜頚、書痙)
心療内科 精神科 その他の軽症うつ病や神経症 (うつ病性障害、不安障害、パニック障害、身体表現性障害、摂食障害、睡眠障害、適応障害) があります。

心療内科 精神科 たとえば、軽いうつ病は誰でもかかる可能性があるありふれた病気です。
女性の4人に1人が生涯にうつを経験すると言われています。
気持ちが落ち込み、憂うつ感や思考力低下、不安感などで,なにも出来ない状態が2週間以上続く場合は、治療が必要になることもあります。

posted by 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド at 23:17 | 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


心療内科 メンタルクリニック 精神科病院

心療内科 メンタルクリニック 精神科病院 日本の医学は西洋医学に基づくものですが、それは身体を各部分に分けて、それぞれの専門家がそれぞれのパーツを科学的にアプローチしていこうとするものです。

心療内科 メンタルクリニック 精神科病院 たとえば、内科の中でも狭心症などの心臓関係は「循環器内科」、胃潰瘍・胃炎などの内臓関係は「消化器内科」、喘息などの呼吸器関連は「呼吸器内科」、ホルモンの異常などによるものは「内分泌内科」、といった具合です。これも非常に大事なことで、心身医学はこれを否定するものでは決してありません。

心療内科 メンタルクリニック 精神科病院 しかし、病態が複雑化し、慢性的病態や生活習慣病、機能的病態などが増えてきて、そのような捉え方だけでは対応できないものが増えてきたのです。そこで、そのような病態により適切に対応できる医学が必要となり、心身医学が出てきたのです。

心療内科 メンタルクリニック 精神科病院 上に述べたような心身症を心身医学的に扱うのが心療内科である、ということです。
もう一度、分かりやすくまとめて言えば、
「こころとからだ、そして、その人をとりまく環境等も考慮して、それぞれの要素を分けずに統合的によくしていこうとする医学(医療)」
が心療内科であり心身医学である、ということになります。
posted by 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド at 23:15 | 心療内科 精神科 メンタルクリニック 比較 ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。